今なぜ外国人材か? - 日本で活躍する外国人材の現状と実態①

Updated: Oct 9


倍増する外国人

法務省によれば、2019年6月末時点で、日本には283万人もの外国人が居住しており、これは全人口の2.24%に相当します。


また、厚生労働省によれば、2018年10月末時点で国内に147万人もの外国人労働者がおり、日本の労働人口の2.21%を占めています。

2010年頃の夫々の割合が1%程度であったことからして近年の外国人材の日本での増加ぶりが目立っています。


同様に、インバウンドと呼ばれるいわゆる日本を訪れる観光客など短期滞在者の数は2018年には3千万人を超え、安倍政権はオリンピックイヤーの2020年に4千万人を目指しています[1]。 6-7年前には年間800万人に届くかどうかというレベルであったのでこちらは倍増どころの増え方ではありません。


とはいえ、外国人居住者や就労者の割合が全体の3分の1以上のシンガポールや、10%を超える欧米の国々と比べるとまだかなり低い値といえます。

インバウンドに至っては日本の人口の半分もないフランスが、日本のインバウンドの倍以上もの訪問者を毎年受け入れています。


3 views

Recent Posts

See All

外国人材の育成⑤

外国人材への仕事の指示の出し方 日本では支持があいまいな場合が多いです。なぜなら、はっきりと指示しなくても部下が上司の意をくんでまず自分で動いてくれることを期待しているからです。そのため、部下は日頃から必ず上司に「報連相」を行うことが求められます。また、「中間報告」という形で、公式に途中で進捗を確認し合うことも一般的です。 しかし海外の場合、明確な指示の下、部下は不明な点についてその場で確認して理

外国人材の育成④

外国人材へのOJTの仕方 日本人社員の育成としてはOJT、Off-J-T、そして自己研鑽といった流れが定番かもしれませんが、海外ではもともと持っているスキルを配属された職場に合うように調整したならあとは問題が生じない限り本人に任せるという流れが強いと思います。 日本の職場では職務領域がはっきりと区切られているわけではなく、仕事の流れの中で関連部署との調整やすり合わせもあることから臨機応変に対応して

外国人材の育成③

配属先の説明(目的、狙い、期待、意義等) 日本人のように会社には“白紙”で入り、会社で学びながらゆっくりと成長していこうとするパターンと異なり外国人材ではある程度自分自身の適性、スキルを自覚したうえで入社してくる場合が多いと思います。自分が思っている得意領域と違う分野に配属されると「なぜ?」と思う気持ちが強いかもしれません。 そこで事前にその配属に関する会社側の狙い、意図、期待といったものを本人に

  • Twitter
  • LinkedIn Social Icon

Shibuya, Tokyo, Japan

​03−6450−6632

©2019 Copyright © 日賑グローバル株式会社

All rights reserved. Unauthorized copy prohibited.

youtube.jpeg