外国人材を活用した海外展開の試み⑩

Updated: Oct 23, 2020



業務の抜本的見直し

日本人同士の会話が世界に比べ圧倒的にハイコンテクストであることから「言わずもがな」「暗黙の了解」のまま“伝わる”ノウハウとか「常識」といったものがあったとしても、それらは外国人材には通用しません。社内業務や社内ルール、習慣・慣習といったものまで、できる限り外国人材に「なぜそうするのか?」と疑問に思うところを素直に質問させ、その回答を一緒に考えていくことが業務の原点に戻った変革の可能性にとっても大切だと思います。 また、母国での経験を持つ外国人材が疑問に思ったことに関し、改めてデータを取り、分析することで思い込みでなく、客観的・合理的な仕事の進め方やルール作りに反映していくことができると思います。

前出の東京のK社の社長は外国人材を採用して初めて社内のコミュニケーションのあり方や「常識」の見直しの必要性に気づかれ、改革のきっかけを得たと語っておられます。

1 view0 comments

Recent Posts

See All

フランス人Y君を採用したA社

トヨタ生産管理システムに目覚めたY君 Y君はパリのエアショーで有名なルブージェの中心から少し離れた町に暮らしていた。 子供のころに知り合いから「日本の面白さ」について聞かされていたので高校生の時に夏休み留学経験の機会があった時には迷わず「日本」を留学先に選んだ。その結果、埼玉県の高校への交換留学が決まり、ホームステイ先から通学する「日本」の生活を満喫した。 その「日本好き」は大学に入っても冷めるど

人懐っこい中国人A君③

Aさんを採用した理由・一緒に働く生活 彼だけが私に年賀状を送り付け、その中で自分が「採用されたならやってみたいこと」を情熱的に書いてきたからである。 単に「情に訴えてきた」といえばそれまでだが、もともと商社で「接待営業」を通じ、「情に訴えてきた」私にはそれが決め手になり、20代の中国人2人ではなくA君を選んだ。 ただ、これには後日談があり、「接待営業」も彼に期待したのだが、肝臓がん手術以後は酒どこ

人懐っこい中国人A君②

A君との出会い A君と出会ったのは日本にいる留学生や転職希望の外国人就労者に対する合同説明会に参加した2013年の末頃である。 学習机サイズの机1つ分のスペースのブースだが参加料は十数万円と安くは無かった。午前9時から午後5時くらいまで「会社紹介」として会社が目指しているビジョン、今どういったお客様とどういった仕事をしているのか、なぜ外国人材を採用したいのか、外国人材にどういった仕事をして欲しいの

  • Twitter
  • LinkedIn Social Icon

Shibuya, Tokyo, Japan

​03−6450−6632

©2019 Copyright © 日賑グローバル株式会社

All rights reserved. Unauthorized copy prohibited.

youtube.jpeg