外国人材を活用した海外展開の試み④

Updated: Oct 9



語学力を生かした海外とのコレポン・折衝(輸入)


国内で材料や部品を調達するコストに比べ、海外特にアジア地域で調達する方が安く済む場合があります。 為替レートが円高に進んでいる場合はもちろん、TPP加盟国であれば関税が無税か、抑えられる可能性もあります。 問題は品質と安定供給に対する信用並びに輸送費です。 

外国人材の母国から輸入する場合にはこういった要調査項目を比較的スムースに確認することも可能となるでしょう。 母国でなくても英語が使えればTPP加盟国を含めた大概の国が英語を話すため、外国人材にテーマを与えて競争力のある調達先を探させることも効果的な職務と言えます。

2 views

Recent Posts

See All

外国人材の育成⑤

外国人材への仕事の指示の出し方 日本では支持があいまいな場合が多いです。なぜなら、はっきりと指示しなくても部下が上司の意をくんでまず自分で動いてくれることを期待しているからです。そのため、部下は日頃から必ず上司に「報連相」を行うことが求められます。また、「中間報告」という形で、公式に途中で進捗を確認し合うことも一般的です。 しかし海外の場合、明確な指示の下、部下は不明な点についてその場で確認して理

外国人材の育成④

外国人材へのOJTの仕方 日本人社員の育成としてはOJT、Off-J-T、そして自己研鑽といった流れが定番かもしれませんが、海外ではもともと持っているスキルを配属された職場に合うように調整したならあとは問題が生じない限り本人に任せるという流れが強いと思います。 日本の職場では職務領域がはっきりと区切られているわけではなく、仕事の流れの中で関連部署との調整やすり合わせもあることから臨機応変に対応して

外国人材の育成③

配属先の説明(目的、狙い、期待、意義等) 日本人のように会社には“白紙”で入り、会社で学びながらゆっくりと成長していこうとするパターンと異なり外国人材ではある程度自分自身の適性、スキルを自覚したうえで入社してくる場合が多いと思います。自分が思っている得意領域と違う分野に配属されると「なぜ?」と思う気持ちが強いかもしれません。 そこで事前にその配属に関する会社側の狙い、意図、期待といったものを本人に

  • Twitter
  • LinkedIn Social Icon

Shibuya, Tokyo, Japan

​03−6450−6632

©2019 Copyright © 日賑グローバル株式会社

All rights reserved. Unauthorized copy prohibited.

youtube.jpeg