外国人材を活用した海外展開の試み⑧

Updated: Oct 14, 2020



代理店コントロール

貴社の海外代理店となる会社が夫々の担当市場で貴社の製品やサービスを積極的に売り込み実績があがるよう相応のプレッシャーを与える必要があります。また、代理店との間で新年度の販売目標と達成計画について意識統一し、その後の進捗を定期的に報告させたり、時には現地に赴き同行営業支援したりすることも効果的です。さらにはビデオ会議などで相手の様子を感じることも大切であり、これらの代理店のコントロールを経営幹部が行うにあたり、外国人材を右腕として育てつつ使っていくことが効果的でありかつ外国人材自身の成長にも繋がると思います。 国や地域ごとに代理店をうまくコントロールしていくノウハウが外国人材にも備わっていけば、本人のモチベーションもさらに高まると思います。


前出のY社のブラジル人材はこういった代理店のコントロールが高じて、自らが初代の海外駐在員としてポルトガルに事務所を開設し、そこから欧州市場のコントロールを行っています。

0 views0 comments

Recent Posts

See All

フランス人Y君を採用したA社

トヨタ生産管理システムに目覚めたY君 Y君はパリのエアショーで有名なルブージェの中心から少し離れた町に暮らしていた。 子供のころに知り合いから「日本の面白さ」について聞かされていたので高校生の時に夏休み留学経験の機会があった時には迷わず「日本」を留学先に選んだ。その結果、埼玉県の高校への交換留学が決まり、ホームステイ先から通学する「日本」の生活を満喫した。 その「日本好き」は大学に入っても冷めるど

人懐っこい中国人A君③

Aさんを採用した理由・一緒に働く生活 彼だけが私に年賀状を送り付け、その中で自分が「採用されたならやってみたいこと」を情熱的に書いてきたからである。 単に「情に訴えてきた」といえばそれまでだが、もともと商社で「接待営業」を通じ、「情に訴えてきた」私にはそれが決め手になり、20代の中国人2人ではなくA君を選んだ。 ただ、これには後日談があり、「接待営業」も彼に期待したのだが、肝臓がん手術以後は酒どこ

人懐っこい中国人A君②

A君との出会い A君と出会ったのは日本にいる留学生や転職希望の外国人就労者に対する合同説明会に参加した2013年の末頃である。 学習机サイズの机1つ分のスペースのブースだが参加料は十数万円と安くは無かった。午前9時から午後5時くらいまで「会社紹介」として会社が目指しているビジョン、今どういったお客様とどういった仕事をしているのか、なぜ外国人材を採用したいのか、外国人材にどういった仕事をして欲しいの

  • Twitter
  • LinkedIn Social Icon

Shibuya, Tokyo, Japan

​03−6450−6632

©2019 Copyright © 日賑グローバル株式会社

All rights reserved. Unauthorized copy prohibited.

youtube.jpeg