外国人材を活用した海外展開の試み⑧

Updated: Oct 14



代理店コントロール

貴社の海外代理店となる会社が夫々の担当市場で貴社の製品やサービスを積極的に売り込み実績があがるよう相応のプレッシャーを与える必要があります。また、代理店との間で新年度の販売目標と達成計画について意識統一し、その後の進捗を定期的に報告させたり、時には現地に赴き同行営業支援したりすることも効果的です。さらにはビデオ会議などで相手の様子を感じることも大切であり、これらの代理店のコントロールを経営幹部が行うにあたり、外国人材を右腕として育てつつ使っていくことが効果的でありかつ外国人材自身の成長にも繋がると思います。 国や地域ごとに代理店をうまくコントロールしていくノウハウが外国人材にも備わっていけば、本人のモチベーションもさらに高まると思います。


前出のY社のブラジル人材はこういった代理店のコントロールが高じて、自らが初代の海外駐在員としてポルトガルに事務所を開設し、そこから欧州市場のコントロールを行っています。

0 views

Recent Posts

See All

外国人材の育成⑤

外国人材への仕事の指示の出し方 日本では支持があいまいな場合が多いです。なぜなら、はっきりと指示しなくても部下が上司の意をくんでまず自分で動いてくれることを期待しているからです。そのため、部下は日頃から必ず上司に「報連相」を行うことが求められます。また、「中間報告」という形で、公式に途中で進捗を確認し合うことも一般的です。 しかし海外の場合、明確な指示の下、部下は不明な点についてその場で確認して理

外国人材の育成④

外国人材へのOJTの仕方 日本人社員の育成としてはOJT、Off-J-T、そして自己研鑽といった流れが定番かもしれませんが、海外ではもともと持っているスキルを配属された職場に合うように調整したならあとは問題が生じない限り本人に任せるという流れが強いと思います。 日本の職場では職務領域がはっきりと区切られているわけではなく、仕事の流れの中で関連部署との調整やすり合わせもあることから臨機応変に対応して

外国人材の育成③

配属先の説明(目的、狙い、期待、意義等) 日本人のように会社には“白紙”で入り、会社で学びながらゆっくりと成長していこうとするパターンと異なり外国人材ではある程度自分自身の適性、スキルを自覚したうえで入社してくる場合が多いと思います。自分が思っている得意領域と違う分野に配属されると「なぜ?」と思う気持ちが強いかもしれません。 そこで事前にその配属に関する会社側の狙い、意図、期待といったものを本人に

  • Twitter
  • LinkedIn Social Icon

Shibuya, Tokyo, Japan

​03−6450−6632

©2019 Copyright © 日賑グローバル株式会社

All rights reserved. Unauthorized copy prohibited.

youtube.jpeg