異文化の良さー外国人材から気づく日本の価値と異なることの大切さ③

Updated: a day ago



技能実習生の場合

前項のケースは専ら大卒以上の高学歴者で、前号で紹介した「技術・人文知識・国際業務」の在留資格か「配偶者が日本人」の資格で日本にて仕事を行う外国人材のケースである。


一方、途上国から技能実習生として来日する人材は、基本的に地方で育った次男、三男、次女、三女等が物理的に近い先進国である日本に「出稼ぎ」で来る感覚が強い。 


ただ、後述するように、3年乃至5年日本にいる間に受ける教育や体験を通じ、多くの得難い経験を積んで母国に戻り、そこで成功を遂げる先輩たちを知り、自分もそれに続けとの思いでジャパンドリームを持っている若者も多い。

0 views
  • Twitter
  • LinkedIn Social Icon

Shibuya, Tokyo, Japan

​03−6450−6632

©2019 Copyright © 日賑グローバル株式会社

All rights reserved. Unauthorized copy prohibited.

youtube.jpeg