異文化理解力 エリン・メイヤー著(英治出版)から③

Updated: Nov 26, 2020



敬意の示し方


平等主義的な社会の人々と働いているならこうだ。

*情報源へ直接向かおう。上司を気にする必要はない。

*上司をCCに入れる前に良く考えよう。CCに上梓を入れると相手を信頼していないとか迷惑をかけようとしていると受け取られることもある。

*階層を飛び越えることは恐らく問題にならない。

*スカンジナビア、オランダ、そしてオーストラリアでは、メールを書くときにファーストネームを遣おう。地域や状況によって差はあるが、アメリカやイギリスでも当てはまることが多い。


グローバルチームを率いており、メンバーたちがリードの指標で異なる位置づけの文化から来ている場合、あらかじめチームの指針を決めておこう。どういうときは階層を飛び越えていいか。どういうときにだれをCCに入れるか。

0 comments