異文化理解力 エリン・メイヤー(英治出版)から⑪

Updated: Dec 15, 2020



反論を述べる前のテクニック

「悪魔の代弁者(devil’s advocate)の役をするよ。どちらの面からも検討するためにね」と断りを入れる。

時間に対する感性

フランスや北イタリアの感覚では6-7分の遅れは「まあ時間通り」の範囲内。中東、アフリカ、インド、南米では30分くらいの遅れも受け入れる。


中国の文化では、時間に正確であることが美徳とされていて、ミーティングに遅れる場合はしっかりと謝る必要がある。ただ、中国人と日本人の時間に対する認識が似ているのはここまでだ。日本人は非常にしっかりと計画を立てる。彼らは柔軟というよりは明らかに組織化されている。中国では、事前の計画がないまま、あらゆることがその場で起きる。中国人は柔軟性の際たる人々だ。明日や来週のことは考えず、今ここのことを考える文化だ。

スケジューリングのシステムについて事前にしっかりと話し合いを持てば、やがて生じる不満を和らげることができる。同意した事項を言語化すると、グループのメンバーたちは各自が親しんだ自国の方法ではなく、その「チームの」文化に従うようになる。チームのスタイルが確立されたら、リーダーはグループの同意を強固なものにし、年に二回は時間を取って決定事項を振り返り、必要とあらば改善を行っていかなければならない。

0 views0 comments

Recent Posts

See All

フランス人Y君を採用したA社

トヨタ生産管理システムに目覚めたY君 Y君はパリのエアショーで有名なルブージェの中心から少し離れた町に暮らしていた。 子供のころに知り合いから「日本の面白さ」について聞かされていたので高校生の時に夏休み留学経験の機会があった時には迷わず「日本」を留学先に選んだ。その結果、埼玉県の高校への交換留学が決まり、ホームステイ先から通学する「日本」の生活を満喫した。 その「日本好き」は大学に入っても冷めるど

  • Twitter
  • LinkedIn Social Icon

Shibuya, Tokyo, Japan

​03−6450−6632

©2019 Copyright © 日賑グローバル株式会社

All rights reserved. Unauthorized copy prohibited.

youtube.jpeg